色々な形のハンコ

ハンコイメージ

ハンコと呼ばれる物をいくつ持っていますか?
それはどんな形ですか?

自分も小学校の時は一個持っていました。
自分の名前が入ったシャチハタ風の、母に買ってもらったハンコです。
丸型のピンクのプラスチック容器で紙に押すと、女の子の顔があって、その中にカタカナで自分の名前が写りました。
確か赤いインクだったと思います。今思うと赤字で名前はどうだったのかと疑問です。

当時は便箋交換が流行っていたので、よく押して渡したものです。
それから友達に手紙を書く事も多かったので、便箋に押したり、封筒に押したりしましたね。
いたずらして、ほっぺや手の甲に押した事もあります。
そんな事をしていたので、すぐにインクも無くなって、補充することになるんですが、その度合いが分からなくてインクが漏れてきて、服について使い物にならなくなったのを覚えています。

大人なら、いくつもっているでしょうか?
まずは印鑑は銀行の実印でしょうね。
会社の社長なら、丸型の代表印を持っているでしょう。
女性なら、四角型のおしゃれなハンコを持っているでしょう。
例えば、植物、動物、アルファベット、一言文字などがあります。
ハンコは木出てきているのが一般で、大きさも色々あります。
スタンプ台は別になっていて、色もさまざまです。
目に留まったのはゴールドやシルバーでした。
クリスマスなどイベントの時のカード作りに、デザイン性のある人はするのでしょうね。

私はいくつ持っているか?と言うと、丸型の銀行印やシャチハタです。
それから、100円ショップで買った四角いハンコです。
パソコンで手紙を書いてしまうので、真っ白いコピー用紙に印刷します。
なので、その周りにハンコを押して便箋っぽく見せるのです。
これからも色々な形のハンコで楽しんでいきたいと思います。

ページの先頭へ